婚約指輪はハッピープロポーズ~魅力的な思い出を残そう~

リング

歴史が深い指輪の文化

リング

意味と歴史

結婚するカップルにとって重要なものの一つに婚約指輪があります。しかし、婚約指輪の本来の意味を知らずに指輪を購入する人が非常に多く見られます。これをきっかけに、本来の意味や歴史を知ることで、より結婚や指輪に対して気持ちが深まるかと思います。婚約指輪の歴史は非常に古く、古代ローマからの習慣だと言われています。鉄の輪を婚約の証として用いていたとされています。お互いに指輪を贈りあうことで、結婚と言う契約を結ぶことになります。また、左手の薬指は心臓と繋がっていると考えられていたため、その場所に指輪をはめるようになったそうです。日本で婚約指輪が広まったのは戦後の高度経済成長期です。海外の文化が大量に流れ込んできた時期に、指輪の文化も根付きました。

彼女と一緒に選ぶ利点

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれます。男性から女性に贈るものになります。一般的にはダイヤモンドなどをあしらったものが選ばれます。以前は男性だけで選ぶことが普通でしたが、最近では女性も一緒に選んだり、デザインを考えたりすることも多くなっています。これは男性にとっては非常に嬉しいことです。婚約指輪は決して安いものではありませんので、せっかくプレゼントしても彼女の好みではなかったりしたら、それこそ大変なことになります。できれば、結婚した後も節目に使えるよう、彼女と一緒に選ぶのが良いでしょう。また、着る服や状況を選らばないようなデザインがおすすめです。宝石はあまり主張し過ぎない色味のもので、適度に小さい方がシンプルにまとまります。周りの装飾もあまりごちゃごちゃしていない方が良いでしょう。婚約指輪は一生に一度の愛のこもった贈り物です。本来の意味に沿って、彼女と愛の契約を交わしましょう。